メニュー

2009年02月09日

雄光総理の戯言  その1 「シンボルマネジメント」

鉄観音voかねちんから今の日本に提言する。
今日はシンボルマネジメントについて。これはビジネス用語で、経営者が会社を改革する際、まず会社の一番汚いところから変えようという意味らしい。今の日本でいうとネットカフェ難民などに代表される低所得者や、大多数の失業者が早急に改革すべき問題だが、私はこれに農業への参加促進を行いたい。
 日本の食糧自給力は先進国最低の20%以下。今後もし経済バランスが崩れたり 資源の枯渇や高騰などで輸送が困難になってしまったら、国内の都市部は食料がなくなり一時パニックに陥る。 また冷凍餃子事件をはじめ食の安全がうたわれる中、国産品に注目が上がっているが、需要が追い付かず、牛肉などをはじめとして一部の品目は高値で庶民にはとても手がつかない(他にも大豆、もずく、わかめ等々)。
これらの問題を解決すべく農水省も雇用対策を打ち出しているが、田中角栄時に見られたような国民を惹きつける魅力を感じない。
そこで私は「地方農業都市」を新設したい。その条件は以下の通り。
 
 1.高速道路など輸送路から隔てた深刻な未開発の過疎地域
 2.若者が好むデザイン(ディズニーやアウトレットショップを連想させる)の住宅、
   店舗建設
 3.マスコミ操作
 4.試験的に1都市をやり、経済効果が現れたら徐々に増やしていく

雇用対策、国内食糧確保、地方格差の是正になればいいのだが。。


posted by 鉄観音 at 22:35| Comment(0) | かねちん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。